個人的な話

ストライダーっていつから?先輩ママに聞いた選ぶ時の注意点とは?

ストライダーは乗りやすいけど、持ち運びは重い!

息子の2歳の誕生日にスポーツタイプのストライダーをプレゼントしました。2歳になりたての頃は車体自体が重くて支えるのすら難しく、なかなか乗ろうとしませんでしたが数ヶ月したら自分で乗れるようになりました。公道では危ないので近所の公園に持って行っていたんですが、とにかく重い!!!大きな袋に入れてベビーカーの後ろにぶら下げて持って行くとかさばるし、歩いて持って行っても帰るときには抱っこをせがまれるので片手に息子、片手にストライダーを持って帰るのが辛くてたまりませんでした。後から軽量タイプのストライダーがあることを知って、そちらにすれば良かったと後悔…。ストライダー自体はタイヤが空気を入れる物ではないのでパンクの心配もなく、しっかりした作りで気に入っていたのですが車体の重さもしっかり考えれば良かったと思ってます。

ランニングバイクに乗ってると自転車に乗るのが早い!?

うちでランニングバイクを子どもに使わせてみたのは3歳ごろ。
始めはサドル部分に乗ることができない。ハンドルを押して歩く。
その次はサドルに座って足で歩く。
その後足を上げた状態で後ろから親が押す、または引っ張るというのを面白がるようになった。
そして、サドルに座って自分の足で走ることができるようになった。

このあたりで補助輪付きの自転車を購入した。
補助輪付きであれば、漕ぎ出しの足の力の入れ方に慣れればすぐに乗れた。
本当に驚いた。

補助輪付き自転車に慣れたところで、補助輪を外してみたが怖くて乗れなかった。
ランニングバイクでかなりのスピードが出せるようになっていたが、だめだった。
子どもを観察したところ、両足を上げるのが怖いとわかった。

そこで、またランニングバイクに戻した。
ランニングバイクのサドルに座って足を上げる練習を開始。
初めは一瞬、1秒程度上げる、次は3数えてみよう!と時間を延ばしていった。
だんだん足を上げる時間が長くなったので自転車に戻してみた。
しかし、だめだった。

今度は足を上げる(離す)ことはできるがペダルに足を乗せられない。
でも、自転車では大きすぎて怖くて練習ができない。
仕方なく、ランニングバイクと同じ大きさの自転車(ペダル付のランニングバイク)を用意した。

そして、足をペダルに置く練習をした。
足を離すときと同じように、初めは一瞬、1秒、次は3数える…という感じで。
足をペダル置く時間が長くなったとき、ようやく自転車でもペダルに足を置けるようになった。

結果的にうちはランニングバイク→ペダル付ランニングバイク→自転車と3台も用意してしまった。
ランニングバイクを使うことで自転車に乗ることは簡単にできるが、
うちの子どもの場合は、ペダル付ランニングバイクでペダルを外してスタートが良かったのだなと思った。
まぁ、結果論だが。

それでも、ランニングバイクのおかげで楽に自転車に乗る練習ができた。
これは本人もうれしいし、親もイライラせず、ありがたい乗り物だなと思った。

初めてのストライダーを買ってみた

3歳の娘にストライダーを買ってみました。三輪車を買うには使える時間が少なくもったいない、自転車は大きすぎるため、ストライダーを選択しました。
メリットはとにかく軽くて持ち運びしやすいです。練習したばかりの頃は上手く乗れず転んだり、公園に移動するまでの道のりを片手にストライダーを担ぎながらもう片手で娘を抱っこすることもありました。小さい子供だと着替えやオムツなど荷物が多かったり、少し歩くと抱っこしたがったりするので親にとっては軽さは最大のメリットかなと思います。
デメリットは飽きやすいということ。地面を蹴って進みます。5歳には自転車を買い、補助輪をつけて乗っています。2年間で実際に乗った回数は少ないです。真夏以外の晴れた日で、広い公園があるところ(自転車や三輪車と違い道では使用できないはず)という条件で使いました。私は雪深いところに住んでいるため、正直ちょっと勿体ない買い物でした。

やっぱりストライダーがおすすめ

ランニングバイクが流行り始めかなり経ちますが、今から2年ほど前は、デザイン性では群を抜いてイケてると思ったのがストライダーです。似たようなランニングバイクが出始めた頃でしたが、やはりちょっとカッコ悪いなと感じました。メリットはそのスポーティーなビジュアル。そして全国あちこちにストライダーパークがあったり、ストライダーカップという子供向けのレースがあったりと、「ストライダー友達ができやすい事」です。パークに行っても初対面のお子さんやご両親ともすぐ仲良くなれました。

デメリットはというと、変形バイクではないので、自転車に乗る年齢になる前にもう一度買い直さないといけないところでしょうか。ストライダーにはペダルが付いていないので、バランス感覚は非常に養われると思いますが、ペダルを漕ぎだす時の感覚が未体験なので、静止した自転車から漕ぎだす瞬間が難しいようです。三輪車に乗っていた子の方が自転車デビューが早かったりと、言われていたストライダーの利点に周囲が当てはまらないので何とも言えません。ストライダーでペダルが付けばいいのですが、私の持っているものには付かず、そこがちょっと誤算でした。

2歳男児にストライダーを与えてみたら

2歳の息子はとても活発で、公園に行っても、ひたすら走り回っているようなタイプです。そんな息子でも集中してお外で遊べるようなものが欲しいと以前から思っており、公園でよく見かけるストライダー(ランニングバイク)を購入してみました。
ランニングバイクを検討するにあたり、三輪車も比較して検討しました。しかし、三輪車は息子が興味を示さなかった時に、使用できる時期が短いので全く使わないこともありえると思い検討から外しました。
三輪車と比較して、ランニングバイクは5歳前後まで使用できる上に、足腰を鍛えられることが魅力的に思いストライダーの購入を決断しました。
ストライダーを購入しての感想は、息子は2歳半でまだ早いかもと思いながら買い与えましたが、2日目である程度は乗りこなせていたので、もう少し早くから遊ぶことができたのかなと思いました。
ちなみに、息子は89センチでサドルを一番低くすれば低すぎるぐらいです。なのでストライダーは85センチあれば乗りこなせるのではないでしょうか。
今後しばらくは、乗り降りと方向転換の練習を室内でさせてから、ストライダーの公園デビューをしようと思っています。息子が嬉しそうに自主練習をするのを見て、買って良かったと思っております。

ランニングバイクの使用開始時期とは

ランニングバイクは2歳の子には良い運動器具になっています。まだ漕ぐ技術はないけど乗り物には乗りたい、そんな子供の欲求を良い具合に満たしてくれます。しかし、子供が1歳の頃、ランニングバイクが来た当初、まだよちよち歩きの子供がまたがろうとしてハンドルを持った瞬間ハンドルが動いたので、手元が救われた形になり、ハンドルと同じ方向に転んでしまいました。普段からハンドルが回らないタイプのおもちゃの車に慣れていたので動くと思ってなかったので驚いていました。転んだのは親の責任ですし、怪我もしていないので全く問題ではないのですが、1歳から乗れるとのランニングバイクでしたが、1歳の子供にとってはまたがるのがまず第一の壁のようでした。ある意味どうしたらまたげるのか、頭を使って体験しながら習得していたので、1歳児にはある意味知育のようなスタートになりました。

バランスバイクは自転車の前段階に最適!!

2歳の誕生日に購入しましたが、最初はなかなかうまく乗れず倉庫に眠っている期間も長かったです。うちの子供はビビリなので余計に練習も捗らなかったように思います。2歳半に転勤があり、引っ越し先で年上の子が乗っているのを見て自分も乗りたくなったようでそこからメキメキ上達しました。今は4歳前ですが勢いをつけてから足をあげるのもできますし、ハンドル操作もとても上手です。このまま自転車に移行してもすぐに乗れるようになると感じています。ほかのメリットは小型なので車に乗せて遠くの公園に持って行って遊べることなどです。逆にデメリットは2歳の頃のようにうまくできない時期は難しいのか子供の気持ちを練習に持っていくのが大変でした。親の忍耐力が必要です。

楽しそうに遊んでいるので、買ってよかったです。

息子が1歳半くらいの頃、クリスマスプレゼントとしてランニングバイクを購入しました。早速庭で遊ばせてみましたが、始めはうまく進むことができず、あまり興味もありませんでした。そこで大人が代わりに大げさに楽しそうに遊んで、息子に見せてみました。すると、1ヶ月くらい経つ頃には自分で蹴って進めるまでになりました。ランニングバイクは足腰が鍛えられ、体幹も強くなると聞いていたのですが、ランニングバイクを使っているうちに段々と歩き方もしっかりしてきて、転ぶ回数が減ったので、効果を実感しています。また、公園まで遊びに行く余裕がない日でも、庭でランニングバイクで遊ぶと結構動き回れるようで、息子も満足しています。どこかに立てかけていないと倒れてしまうので、片付ける場所が限られてしまいますが、なんとか場所を見つけて収納しています。

自転車に乗れるのが早くなるランニングバイク

私の子供は現在5歳です。運動神経は良い方ではありませんが、すでに自転車は、乗りこなせている状態です。
自転車にこんなに早くに乗れるようになったのは、ランニングバイクのおかげです。
ランニングバイクのメリットは、バランス感覚が良くなり、自転車に乗れるようになるのがかなり早くなると言うところです。
自分の息子がこんなに早く自転車に乗れるとは思っていませんでした。今では時々、二人で遠くにサイクリングに行けるので、とても楽しいです。
デメリットととしては、ランニングバイクだと、足でブレーキをしてしまうので、自転車のブレーキの感覚が養われないというところです。
そのため、今でも時々、足で止まってしまうので、靴底に負担がかかっています。

バランス良し。買ってよかったストライダー

クリスマスプレゼントとして長子が2歳の頃に購入しました。

よかった点
・三輪車などよりずっとよく体を動かして遊べるので、子供にとって運動になる。
・あっという間に二輪車のバランス感覚を会得し、のちにコマ無しの本当の自転車を与えた時にすぐに乗られるようになった。
私が子供の頃に何度も転んで練習したのが馬鹿馬鹿しかったな思うくらいに、あっけなく…。
・丈夫で長持ちするので、下の子もたっぷり遊べた。こちらも自転車に乗れるようになるのが早かった。明らかにストライダー効果だと思う。

悪かった点
・価格が若干高い。
・サドルの上げ下げをするためのレバーが標準装備されておらず、別売りで購入して取り付けた。
これは標準装備にしてほしかったなと思いました。どう考えても必要なので。

-個人的な話
-, , ,

Copyright© キシネットのポジティブログ , 2019 All Rights Reserved.