個人的な話

ベビーチェアって必要?使わない?ママの体験談も聞いてみました(評判)

食事用ベビーチェアを買ってみたけど

子供の離乳食が始まり しっかりお座りもできるようになったので、ベビーチェアを購入しました。ローテーブルでも高い机でも使えるように、高さの切り替えが出来るものを買いましたが、ネットで買ってしまったので 足台が無いことに気づき、ただでさえ身長が低かった子供は 足もぶらぶら、机の高さも高すぎて合わず、食べづらそうだったことで後悔しました。実際の店頭である程度、物色しておくべきだな、と思いました。一応、ハイ&ロー使いが出来るので 引っ越したりしても使えるのはメリットだったなと思います。食事テーブルも、固定式ではなく、背中側に回せられる物を購入したので、大きくなっても使えるという点ではメリットを感じています。

私も我が子もお気に入りのこども椅子

子どもの腰が据わってきたかなぁ~まだかなぁ~?もう少しかな~?という時期に椅子を買うことにしました。
よく行く子供用品店て実際に見て回ったのとネットショップで検索してどんなものがあるかをチェック。
最初、頭の中にあったのはよく幼稚園や保育園で見るようなパイプ椅子に取り付けられるテーブルがついているものだったのですが、思っていたよりもたくさんの種類の椅子が売られていてびっくりしました。
テーブルに固定するタイプの椅子や海外製の安定感が高そうな物。
いろいろ見た結果、結局は最初に考えていたパイプ椅子+取付用のテーブルのセットにしました。
まだ腰が完全に座ってない状態でまず使ってみたところやっぱり少し早いのか隙間からずり落ちそうになりました。
そこでちょっとバスタオルで体を包むようにして座らせるとサイズがぴったりに。
おかげで、哺乳瓶を自分で持ってもらって飲むことができるようになってその少しの間に離乳食の準備やほかの用事ができるようになって助かりました。
子どもが少し成長すると椅子の座面についているキャラクターがお気に入りのようで○○が座ってと言ってるよ~といったら喜んで座ってくれるように。
キャラクターはかわいいものを何となくで選んだのですがそれもよかったようです。
テーブルは、物を置いたりとした機能よりも子どもが倒れないようなガードの役割をしてくれています。
油断していると取り付け型なのでたまに外れてしまうのですが、そこはよく気を付けるようにしました。
2人目の子どもが生まれて、今では我が家に2つの椅子が大活躍中です。

子供と一緒に食卓を囲める喜び!

ベビーチェアは、食卓に取り付けられるものと、折りたたみ式のものを使っていました。食卓に取り付けて同じ目線で食事ができるのは子供がとても嬉しそうでした。また、折りたたみ式のものはコンパクトになるため外出先に持参したこともありました。テーブルは汚れても簡単に掃除ができるので楽です。高さ調節も出来るため便利です。やんちゃ盛りになると、椅子の上に立ったりして危ないですが、目を離さなければ大丈夫です。ヘビーチェアにはとても助けられたので、デメリットが浮かびませんが、安全ベルトの汚れが目立ったことぐらいです。座り心地が良いのか、たびたび座ったまま寝ていました。年々進化して使いやすくなっているのが嬉しいです。

買ってよかった!後悔しないベビーチェア

娘のために買ったベビー用品の中で、特に買ってよかったのが食事用のベビーチェアです。ベビービョルンの食事椅子は本当におすすめ。良かった点は、子供が立ち上がることなく食事に集中してくれること。ベビービョルンの椅子は、テーブルが子供のお腹ギリギリまで引き付けられる為、立ち上がることが出来ません。食事は毎日の事なのでママ達のストレスがたまりやすい時間だと思います。値段は少し高いですが、買って後悔しないアイテムです。
デメリットをあげるなら、子供の身体の成長度合いによりますが、使用期間は短いかと思います。他のメーカーのベビーチェアのように、子供の成長と共に座席の調整などは出来ません。お下がりで別の食事椅子をもらえる方であれば、成長と共にベビービョルンから乗り換えるのがおすすめです。立ち上がらず、きちんと座って食事をするマナーが身に付き、ママのストレスになりません。

ベビーチェアを使ってみて感じたこと

第一子が生まれて、離乳食を始める頃からベビーチェアを利用し始めました。利用したベビーチェアは、座ることも出来ますが
、角度を調整すると寝ることも出来るタイプのベビーチェアでした。第一子の時は食事の目的で利用していました。食べ始める時はちゃんと座って食べてくれていますが、しばらくすると飽きてしまいベビーチェアに座ることはなく、歩き回ってしまいました。第二子が生まれた時には第一子が利用していたベビーチェアがあったので生まれてすぐの頃はベビーチェアの背もたれを倒して、ベビーバッドとして利用していました。そして、離乳食を始める時もベビーチェアに座らせて食べさせていました。背もたれを倒すことが出来るタイプのベビーチェアは、さまざまな用途で利用することが出来るというメリットがあります。持ち運びが大変で場所を取るというデメリットがあります。私はあれば便利に使うことが出来るので、赤ちゃんの時期は短いですが、あると便利だなと感じるものです。

子供も喜んだベビーチェアでの食事

ベビーチェアを使用してから子供がテーブルで食事することを楽しんでくれるようになりました。
ベビーチェアを購入するまでは、低いテーブルで座って食事をしていたのですが、ベビーチェアを購入してから、家族全員で椅子に座って食事をするようになってかは、子供も喜んで食事をするようになりました。
以前まで、食事がそんなに楽しそうでは無かったのですが、ベビーチェアに座ること自体が楽しかったようで、食事の時間になると自分からベビーチェアに座りたがるようになりました。
また、テーブル付きのベビーチェアなのですが、実際はテーブルにお皿などのせるので、ベビーチェアに付属しているテーブルはほとんど使用していないので、テーブル付きでなくてもよかったかなとも思っています。

テーブル付ベビーチェアとテーブルなしベビーチェア、どちらがオススメ?

我が家はダイニングテーブルで食事をするスタイルなので、息子の離乳食が始まった時にダイニングテーブルで一緒に食事ができるように、木製のテーブルなしタイプハイチェアをを購入しました。
しかしこれが大失敗!折りたためない上に重たいので、掃除の時にどかすのが大変で困りました。また、離乳食を始めたばかりの息子は、目の前にあるものは全ておもちゃと思い、投げるは被るわ叩きつけるわの大騒ぎで大人と同じダイニングテーブルで食事をするのは難しかったのです。
仕方なく、テーブル付きのパイプ椅子型ハイチェア(お折りたたみ可能タイプ)を新しく購入しました。結果的に新しいハイチェアでは息子のものだけを専用テーブルに置けるため、大人の食事は投げ飛ばされることがなくなりストレスが減りました。
温かみのある木製デザインのベビーチェアにずっと憧れていたのですが、ベビー用品は本当に使ってみないと分からないですよね。デザインはイマイチのパイプ椅子型ハイチェアが息子には合っていたようです。
2歳になった息子はいまだパイプ椅子型のハイチェアで食事をしています。落ち着いて食事ができるようになってきたので、そろそろ家族と同じテーブルで食事ができるように、新しく子供専用の椅子を買っても良いかなと思っています。

ベビーチェアのメリット・デメリット

離乳食の時期が始まると必要になるのが、ベビーチェアです。無いと困る反面、デメリットもあります。私の家庭では、テーブル付きのローチェアタイプを使用していました。今回はこのタイプのメリット・デメリットについてまとめました。
(メリット)
ロータイプであるため、高さが低く、万一落ちても安心な点です。我が家でも、子どもが立ち上がったりしてバランスを崩し、何度もヒヤヒヤしましたが、低くて良かったと思っています。また、テーブルがガードの代わりになり、前のめりでの落下が防げます。また、テーブルがあると、自分で食べるようになった時、手前に置いてあげらるため、食べさせやすいです。それによって、自発的に食べることが身につくと思っていました。

(デメリット)
子どもはどうしても食べこぼしが多いものです。
食後に掃除をしても、構造上どうしても隙間の多いベビーチェアは、そこにゴミが入ってしまいます。また特に気になったのが、ベルトです。子どものずり落ち防止に必要ですが、そこに汚れが付くと拭いてもなかなか落ちません。うちは分解して何度か洗濯しましたが、非常に手間でした。だから、掃除のしやすさも考慮して、商品を選んだ方が良いです。
また、ローチェアはサイズ調整がしにくいものが多く、少し大きくなると、窮屈かつ低くなるため、長く使えないのがデメリットです。特にテーブル付きは、より窮屈さが気になります。我が家では、
兄弟がいて年も近かったので、十分使った気はしますが、それでも少しもったいないように思いました。

ベビーチェアは子どもの年齢や生活スタイル、性格などによって、向き不向きがあるので、怪我や無駄、手間がないように、よく考えて購入することをおすすめします。

ベビーチェアーのメリット、デメリット

長女の離乳食開始に合わせてカトージのベビーチェアを購入しました。
2年ほど使ってみた感想を書いてみます。
メリット
・足置きがついているので姿勢良く食べられる。
・重いので簡単に抜け出せない。

デメリット
・椅子の脚が思った以上に奥行きがあり、しょっちゅう足をぶつけた。
・足置きの高さ調整など、組み立てや調節する際に一度全部バラバラにしないといけないので面倒。

足置きがついてない簡易的な椅子と悩みましたが、足がブラブラしないので断然このタイプの椅子を買ってよかったなと思いました。子供が押しても倒れないのも助かります。
ただ、とにかく大きくて邪魔で、結局大人用の椅子に座布団を敷いて食べるようになりました。
次女がそろそろ離乳食なので、姿勢を覚える意味でもまたベビーチェアを使って食事をさせようと思います。

我が家にはなくてはならないアイテムです。

ダイニングテーブルの椅子に固定してハイチェアとしても、床に置いてローチェアとしても使えるタイプのものを購入しました。子どもと一緒に食事をしたい時はハイチェアとして使い、子どもだけが食事をする時はローチェアとして使うことが出来るところが便利で気に入っています。また、デザインもしんぷでおしゃれなので、部屋のインテリアの邪魔をしません。デメリットは、ベルトの根本の余りに溝があるため、その溝にゴミや食べかすが入ると掃除をするのが大変だということです。また、背もたれは取り外しができて持ち運ぶ時にはコンパクトに出来ると思っていたのですが、実際は一度背もたれをはめ込むともう外せないようで、残念です。インナーのクッションを外すと4歳くらいまで使えるそうなので、これからも長く使う予定です。

-個人的な話
-, , ,

Copyright© キシネットのポジティブログ , 2019 All Rights Reserved.