個人的な話

オムツ専用ゴミ箱って買ってた方がいい?意外といらないという声も

赤ちゃんが生まれてからすぐオムツ交換などもしなければいけないので、オムツの捨て方などどうすればいいのか考えている方も多いと思います。

赤ちゃんが小さいうちは特にオムツ交換を頻繁にするため、オムツ専用のゴミ箱があった方がいいのか悩みますよね。

意外と臭いも凄いので匂いが気になるという方も多いと思います。

今回はオムツ専用ゴミ箱の必要性について紹介していきたいと思います。

オムツ専用ゴミ箱は必要?

赤ちゃんが生まれるとすぐにオムツ交換をするようになりますし、頻繁にオムツ交換をするので交換後のオムツもすぐに溜まってしまいます。

オムツ専用ゴミ箱で、匂いが気にならない処分も簡単というようなものがたくさん販売されていますが、オムツ専用ゴミ箱は本当に必要なのでしょうか?

我が家は二人の子育てをしていますが、 オムツ専用のゴミ箱は準備していました。

我が家の場合はオムツ専用のゴミ箱と言っても、ただ他の家庭ゴミと分けて捨てるというだけのやり方でしたが・・・

意外とオムツは交換することが多いので、すぐにゴミが溜まってしまいますし、臭いも気になります。

また、オムツ専用のゴミ箱を準備しておくことで、 赤ちゃんのオムツ交換をする場所に設置しておくことも可能になります。

ですからオムツ専用ゴミ箱を準備しておくのは、 赤ちゃんのお世話をする際にもとても便利だと思います。

スムーズにお世話をしていくにはオムツ専用ゴミ箱はあるととっても便利な商品だと思います。

ですがオムツ専用ゴミ箱が必ずなければならないというわけでもありません。

アパートなど住んでいる環境によっては、 いつでもゴミが捨てられるという方もいますよね。

そのような方には、 オムツ専用ゴミ箱は一つまた家の中に物が増えることになるので、ゴミの処理に困らない方は必要ないものです。

ですから、 それぞれの家庭環境によって判断するといいかもしれませんね。

また、オムツ専用ゴミ箱と言っても選び方によってとても便利なものや不便なものもあります。

オムツ専用ゴミ箱の代用品が便利?

私の場合はオムツ専用ゴミ箱を準備しましたが、オムツ専用ゴミ箱として販売されているものを購入していたわけではありません。

自分で一般ごみとおむつ専用のゴミ箱を分けていたというだけなのですが、工夫次第では専用のゴミ箱を新たに購入する必要がなくなるんですよ。

生ゴミ用のゴミ箱

ホームセンターなどでも蓋付きのゴミ箱が売られていますよね?

その中には生ゴミ用のゴミ箱も売られており、 蓋が付いておりパッキンなどが使用されていると隙間がなくなりニオイの漏れも防いでくれます。

オムツと一緒に臭いの気になる生ゴミも一緒に捨てることができますし、オムツ専用のゴミ箱として使い道が無くなった後でも長く使用することが可能です。

蓋が付いているバケツ

我が家ではまず始めに100円均一などで売られている蓋付きのバケツを購入しました。

蓋付のバケツであれば、スーパーのゴミ袋を入れて交換した後のオムツをその中にポイポイと捨てていくだけです。

いっぱいになったらバケツから取り出してゴミを出すだけだったので、とっても便利でしたよ。

我が家の場合は蓋付きでカチッと蓋を留める部分もついていたので、 匂いが漏れるという心配もありませんでした。

ただし、あまり大きなものではないので、 頻繁にゴミ出しができないという方にとってはいっぱいになった後のゴミ処理に困る方もいるかもしれません。

また、子供の人数が増えるとそのぶんいっぱいになるのも早いので、いつでもゴミを捨てられる環境に住まわれている方にオススメします。

臭わない袋を使う

なかには、オムツの匂いがしない袋、「BOSおむつが臭わない袋」という商品を使っていたママさんもいらっしゃいました。

この袋はうんちやおしっこの出ているオムツを入れるだけで、全く匂いがしないそうで、 普通のゴミと一緒に捨てることができるのだそうです。

これならオムツ専用のゴミ箱を作ったり、 オムツ用として売られているゴミ箱をわざわざ準備する必要もないですね。

オムツ専用ゴミ箱で市販の袋が使用できるもの

子育てグッズなどを専門に販売されているお店では、オムツ専用のゴミ箱もたくさんの種類が販売されていますね。

中には専用のカートリッジしか使えないものもありますが、 意外とその専用カートリッジが金銭的に負担になる場合もあります。

ですが、その中には専用のカートリッジではなく市販のゴミ袋が使用できるものもあるので、このようなオムツ専用ゴミ箱でもいいかもしれませんね。

このように、オムツ専用のゴミ箱を専門店で購入しなくても、オムツ専用のゴミ箱を自分たちで代用品として準備することが可能です。

このように代用品でオムツのゴミ処理をすることで、臭いも気にならず使い勝手も良く、色々な使い方をできるのでとっても便利ですよ。

是非皆さんも、オムツ専用ゴミ箱の代用品となるものを準備して、 オムツ専用ゴミ箱を取り入れてみてくださいね。

まとめ

オムツ専用のゴミ箱はあるととっても便利ですし、ライフスタイルによっては必要なものだと思います。

ですが専門店などで売られているオムツ専用ゴミ箱は、金銭的にも負担がかかってしまいますし、 必要なくなったの後の使い道に困る場合もありますよね。

オムツ専用ゴミ箱は準備すると便利ですが、 準備する際には代用品を考えてみてはいかがでしょうか?

工夫次第では金銭的に負担もなく、 匂いやゴミの処理にストレスを感じることなく、オムツのゴミ処理ができるようになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

オムツ用のゴミ箱っている?ママ体験談

場所はとるけどあると便利なもの

市販のゴミ袋をセットするタイプのオムツ専用のゴミ箱を利用しました。メリットは、子供が寝る場所の部屋に置いていてもオムツのにおいがしないことです。また、市販のゴミ袋を使うだけなのでそこまで費用がかからないことと、そのゴミ袋を取り出して、ゴミ捨て用のゴミ袋に入れるだけでオムツが捨てられるのが良かったです。使い方も簡単で良かったです。
デメリットは、ゴミ箱の大きさが大きいことです。場所を取りました。週2回のゴミ捨てでいっぱいになることはなかったのでもう少しコンパクトなサイズがあったら、なお良いのにと思いました。また、デザイン的にもスタイリッシュなもの、インテリアに合うものがないのがとても残念に思います。

臭いオムツを片付けるのに必須なゴミ箱

2歳10ヶ月の子と、1歳2ヶ月の子がいます。二人ともまだオムツをしています。
気になるのは臭いです。普通のゴミ箱に捨てていた時は、すぐに臭いが気になりました。でも、オムツ専用のゴミ箱にしたら、蓋がついており密閉されているので、捨てても臭いがしなくなりました。使用済みオムツの量も二人分でどうしても多くなってしまいその分臭いのですが、臭いが気にならなくなりとても助かっています。
デメリットとしては、二人分のオムツの量だとゴミ箱がすぐに一杯になってしまいます。燃えるゴミの日は週に二回ありますが、その日までには既に入らなくなってしまうので、結局入らなかった分は普通のゴミ箱に捨てています。大きいオムツ専用ゴミ箱を置くと邪魔になってしまうし、何とかして押し込んでいますがやはり入らなくなります。

クルクルポンと捨てる安心感と気をつけること

想像以上にオムツは変えるのだと思ったことを覚えています。最初は少しでも汚れていそうなら、すぐに変えていましたので、ともかく捨てる量は多くなりました。私が使ったのは、捨てるときに繋がっているビニール袋をクゴミ箱の蓋についているダイヤルのような部分を回すことでビニール袋が密閉されて、においもれを防ぐタイプでした。
そのため、においが気になることはほぼなく、とても便利に使うことができました。デメリットをあげるならば、その専用ゴミ箱から取り出して捨てる際に、クルクルとしたものが連なっているので、出しづらく外しにくいと感じることがあった点です。
ただ、これは捨てる頻度を増やすことで解消できるときもなれば、ひびのことで後手後手になることが多々あり、完全に解決する案は見つかりませんでした。

結局使わなくなってしまったオムツごみ箱

赤ちゃんが生まれたばかりの頃、使用済みのオムツの処理に困っていました。
臭いがあるし、どのように処理しようと思っていたところオムツ専用ゴム箱を発見し購入しました。
入れやすくまとめて処理できるなどの利点もありましたが、正直に言うとあまり臭いが抑えられていませんでした。
オムツ専用ごみ箱にも様々な種類がありオムツひとつひとつ入れたときに小分けにしてくれるタイプもあったのですが、金額的にそうではないものを選んでしまいごみ箱のふたを閉めているのにもかかわらず若干臭いが漏れている状態になってしまいました。
そのためほとんど使用せずに、オムツを捨てるたびに消臭してくれるポリ袋のようなものに入れて普通のごみ箱に捨てるようになってしましました。

いやな臭いが漏れずに部屋もすっきり

子どもが生まれるとオムツがかさばると前々から聞いていたので、子どもの誕生を機に思い切って購入してみました。
居間で使うため臭いが漏れずにサイズもコンパクトなものをと考え、蓋が開閉するだけのものではなくハンドルを回すと下に落ちるというものを選びました。
中の構造上、二枚分の蓋があることになるのか普通のゴミ箱よりも臭いが漏れにくく、居間で使用しても気にならないくらいで便利でした。
購入して使い始めた春や夏には問題なかったのですが、冬になると何度かゴミ箱の中でオムツの湿気のためか濡れることがあり大惨事になることがありました。
使用する環境のためもありますが、何度か経験して今ではオムツをビニール袋に入れてゴミ箱に捨てることになりました。
ないよりは便利ですが、実際に使用してみると問題があり工夫が必要だなと思います。

オムツ専用ゴミ箱のメリット、デメリット

赤ちゃんをお世話する室内にて設置ということで、購入しました。

【メリット】
・匂い漏れしにくい
・ゴミ袋の設置がカートリッジ式で簡単
・しっかり蓋が閉まってるので子どもがいたずらで開けることができない

【デメリット】
・匂い漏れは完全ではない
・ゴミ袋カートリッジが高い
・カートリッジのゴミ袋が中途半端に残る
・蓋が重く、開閉が危険
・オムツが濡れて中で蒸れたのか、捨てる時押し込むと手が濡れたりする
・あまり量が入らない(2人育児になってからは2つ使用)

並べてみるとデメリットが多くなりますが、やはり普通のゴミ箱に比べると匂い漏れは圧倒的に少ないです。
誤ってゴミ箱が転がる心配もなく結局現在進行形で使用しています。

ですので必須アイテムではないでしょうか。

臭いは完璧、でも活用はできなかった

出産した病院の個室にオムツ専用のゴミ箱が置いてあり、「これは便利だ、絶対に購入しよう」と感じたことがきっかけで購入しました。実際に使用してみると、気になるオムツの匂いはほとんど感じられず、ゴミの日までストレスなく過ごすことができました。
しかし、子供が歩き回るようになると思うと専用のゴミ箱を触ってしまう事態に。衛生的にどうしても気になったので、キッチンゲートによって子供の心を防いでいる台所に移動しました。
ところが、台所にはすでに蓋つきのゴミ箱があるので、わざわざ本専用のゴミ箱を利用する意味はありません。結局、子供が1歳になった頃からはもともとあったゴミ箱に捨てるようになりました。臭いを防ぐ目的は達成できましたが、使用期間は短かったと感じます。

オムツ専用ゴミ箱の使用感と評価

毎回使用済みオムツの臭いが気になっていたのでオムツ専用ゴミ箱を試しました。
良かったのは密閉されるので臭いがそのままゴミ箱に捨てるのと比べて気にならない、捨ててハンドルを回すだけなので便利な点です。悪かったのはゴミ箱自体が嵩張るので置き場所に困ることと専用ゴミ袋が比較的高いことです。
オムツは1日に10回以上変えることもあるのでオムツ代もかかるのにゴミ箱専用カートリッジのコストもかかるのは家計に厳しく結局続けるのをやめました。
代用としてはゴミ箱に捨てる前に使用済みオムツをビニール袋に入れて口をしっかり縛ることと、うんちの時はトイレに流せそうな時は流しました。我が家はゴミ出しも毎日できるので何日も使用済みオムツのゴミを放置することはないのでその対応で充分事足りました。

あってよかった!オムツ用のゴミ箱

子供を産んだときには「オムツ用のゴミ箱なんているの?」と思っていた私。ですが、実際に家に帰って育児をし始めると「絶対にいる!」と実感させられました。
特にうんちがでたときなのですが、まだ月齢が低いときってトイレに流すことができません。そのためうんちごとおむつを捨てることになるのですが、袋でわけていても臭いが強烈で臭います。燃えるごみの日ってそんなに毎日な訳でもないので外にも出せませんし困ってしまいました。
ですが、オムツ用のゴミ箱なら一般的なゴミ箱よりも密封してくれるので臭いを抑えることができますし、ゴミ箱をあけたときにも臭いがきつくて困るなんてこともほとんどありませんでした。
思ったよりも価格も安いですし、ストレスにならないので良いなと思います。

おむつ専用ゴミ箱。匂いは閉じ込められる?

まずはじめに、私はおむつ専用のゴミ箱を購入してよかったと持っています。その理由と、よかった点、改善してほしい点をご紹介します。
私が購入を検討する際重視したのは専用のカードリッチを使わないこと、匂いが漏れにくいことです。私の住んでいる地域ではおむつのゴミは市が配布しているおむつ専用ゴミ袋を使って処分するのでそのゴミ袋をセットしたかったのと、金銭面に不安があったのでカートリッジ式のものは避けました。お陰で指定の袋をつけておむつを入れ、ゴミを捨てる際には袋を縛るだけでいいので楽でした。
デメリットはやはり多少は匂いが漏れてしまうことです。蓋がないものに比べれば断然似合わないのですがやはりおむつを捨てる際には匂いが漏れます。
完全に匂いを出さないことは無理だと思うので、私はおむつ専用ゴミ箱を購入してよかったと思っています。

-個人的な話
-, ,

Copyright© キシネットのポジティブログ , 2019 All Rights Reserved.