個人的な話

室内ジャングルジムって意外と使わない?どんなものを選ぶのがいい?

投稿日:

子供が少し大きくなってくると、室内だけでは遊び足らず、お出かけする機会も増えてくると思います。

しかし雨が降る日なんかは、遊ぶ場所が限られてしまい、自宅だけでは体力が有り余ってしまうようになりますね。

そんな中、自宅でも体をたくさん使って遊ぶことができる室内ジャングルジムの購入に迷っている方も多いのではないでしょうか。

専門のお店などに出かけても、たくさんの種類が販売されており 、購入するか迷っている方も多いと思います。

今回は室内ジャングルジムの必要性について考えてみたいと思います。

室内ジャングルジムで子供にどんな効果を与えることができる?

室内で遊べるジャングルジムでも、子供たちが 遊ぶ際には、手先を使って遊ぶことができます。

ジャングルジムは上ったり下りたりする際、ジャングルジムを握ったり離したりする行為が繰り返し行われるので、手先の器用さを鍛えることができます。

またどんなときに力を入れてどんな時に力を抜くのか、力の入れ方も学ぶことができます。

そしてジャングルジムは、上まで登るためにはどこに足や手を置いて行けば上手に上がれるのか考える必要がありますよね。

子供はジャングルジムをする上で、思考力も養うことができます。

次にどうするとうまく上に進めるのかなども考えるため、先がどのようになるのかという思考力も養うことができるんですよ。

子供の手先の器用さや思考力を養うのにうってつけのジャングルジム、天気が悪い日でも体力をしっかり使って楽しみながら、色々なことも学べるので子供の遊びの中には取り入れたいものです。

室内ジャングルジムは必要?

室内ジャングルジムは、本当に必要なのか?自宅に置くと手狭になるのでは?と思いますよね。

確かにジャングルジムを室内に置くとなると、部屋の端っこのスペースだけというわけにはいきません。

特に雨が降る日などは、なかなか外で遊ぶことも難しく体力が有り余っている子が多いですよね。

子育てをしているお父さんやお母さんにとって、体力が有り余っている我が子の体力をどのように消費すると、しっかり夜も寝てくれるのか悩んでいると思います。

もし、室内にジャングルジムのような大きな遊具がなくても、しっかり体力が消耗できてしっかり睡眠が取れる遊びができるのであればジャングルジムが絶対に必要になるわけではありません。

我が家はジャングルジムではなく、滑り台とブランコが一緒になっているものを購入しています。

確かに天気が悪い日や、なかなか外で遊ばせてあげられない日などは、 室内遊具があると子供達は勝手に遊んでくれるので、 1日中部屋の中で過ごしてもたくさん遊んで体力を消耗していました。

しかし問題点は、我が家で購入した滑り台とブランコがセットになっているものが大きくて、室内では 手狭になってしまったということです。

ジャングルジムでも色々なものがセットになっている場合もあり、遊具が多いほどお部屋のスペース確保が必要になります。

いつでも室内で手先を鍛えたり思考力を養うことができるジャングルジムは、自宅にあってもいいものだと思います。

ですが、購入するにあたって家の間取りなどにあった、ライフスタイルに合ったものを選択するようにするといいかもしれませんね。

我が家は、 一番体を動かしたい時期に小さな赤ちゃんがいたのでなかなか思う存分遊ばせてあげるのが難しかったため、少しでも遊べるようにと購入しましたが、遊べたことには購入して良かったと思いましたが、もう少し購入した後のことを考えて選ぶべきだと思いました。

室内ジャングルジムでおすすめのものは?

我が家のように室内ジャングルジムなど室内で遊べる遊具を購入しても、手狭になってしまうというのが問題点になる方も多いと思います。

ぜひ室内ジャングルジムは子供のためにも 準備してあげたいものですが、購入後のことを考えると選び方を工夫するといいかもしれません。

収納性

室内に遊具を置くのはとても場所をとってしまうので、常に置きっ放しというのは困るという方も多いと思います。

遊具を選ぶ際には、収納性に重点を置いて選んでみてはいかがでしょうか。

例えば遊ぶ時には部屋にドーンと広げて遊べて、夜寝る時や必要ない時などは折りたたみができる折りたたみ式を選んでみると、部屋の中に遊具があっても邪魔になるということがないかもしれません。

遊具の構成

まず室内ジャングルジムはいろいろな遊具が組み合わさったセットで販売されていることが多いです。

例えばジャングルジム、鉄棒やすべり台やブランコなどといった遊具が一つのセットとなって販売されていますよね。

中には子どもの年齢や大きさに合わせてジャングルジムの高さや滑り台の紅梅などを変えることができる遊具もあります。

大人の事情も合わせながら子供にあった遊具を選んでみてくださいね。

まとめ

室内ジャングルジムの必要性について、私の意見で紹介させていただきましたがいかがでしたか?

特に男の子はたくさん体を動かしていないと体力が有り余り、夜なかなか寝てくれないということもありますよね。

我が家も男の子でなかなか外に出れない日は、体力が有り余ってなかなか寝てくれないということが多かったです。

特に雨が多い時期なんかは、公園などで思いっきり体を動かさせてあげるのも難しいですが、室内にジャングルジムなどを設置しておくといつでも体を動かして遊ぶことができます。

また体を動かして体力を消耗しながら、遊びを楽しみながら、手先の器用さや思考力を高めてあげることもできます。

ただし室内ジャングルジムは、 セットになっているものが多ければ多いほど専有面積も広くなってしまうため、家の間取りやライフスタイルに合ったジャングルジムを選ぶと良いでしょう。

必要あるのかないのか?と聞かれると、絶対に必要なものではありませんが、あるととても助かる遊具だと実感しました。

もし体力の有り余っているお子様をお持ちの方は、子供の遊びの中に室内ジャングルジムを取り入れて見ることも検討してみてください!

-個人的な話
-, , ,

Copyright© キシネットのポジティブログ , 2019 All Rights Reserved.