個人的な話

ベビーベットって意外といらない?使わない赤ちゃんアイテム

子育ての必要なものを準備している方は、ベビーベッドが必要かどうか悩んでいる方が多いと思います。

私には2人の子供がいますが、2人目の時にベビーベッドを使用しています。

今回は使用してみて感じたベビーベッドの必要性についてお話ししていきたいと思います。

ベビーベッドって本当に必要?

まずベビーベッドですが、本当に必要かどうか?と聞かれると、絶対に必要なものではありません。

ですがベビーベッドがあるととても助かるという場面もあるのは確かです。

私の場合は、1人目の時にはベビーベッドは使用していません。

赤ちゃん用の布団と私たちの布団と別々で寝るようにしていましたが、ベビーベッドの必要性を感じたことがありませんでした。

ですが2人目の場合は、 上の子もいるということからベビーベッドを導入したのですが、2人目の際にはベビーベッドを準備して良かったと実感しています。

ベビーベッドも赤ちゃんによってそれぞれ、必要性や使用できる期間なども様々です。

我が家の場合は下の子でベビーベッドを使用しましたが、半年程度でベビーベッドは卒業しています。

ですから、あくまでも私が感じたベビーベッドの必要性は、次で紹介する基準で判断してみてくださいね。

ベビーベッドが必要な人はどんな人?

まずベビーベッドは絶対に必要なものではありません。

ライフスタイルによってベビーベッドがあるととても助かるという場合があります。

赤ちゃんの居場所が確保できない

住んでいる家によっては、フローリングばかりの家という方も多いですよね。

フローリングは床が冷たかったり、床に直接寝かせるのはホコリやダニなどの心配があるという方が多いです。

もしご自宅でベッドなどでパパやママが寝ているのであれば、赤ちゃんもベビーベッドで寝かせてあげるといいでしょう。

同じベッドでは赤ちゃんが床に落ちてしまう危険もあるので、 赤ちゃんの寝る場所が確保できないという方はベビーベッドを準備すると安心です。

赤ちゃんを常に監視できない

我が家のように2人目などでは、上の子のお世話もしなければいけないため、赤ちゃんの様子を常に見ていられないことも増えてきます。

また家事などをしている最中は、 常に上の子も下の子も目の届く範囲にいるわけではない場合もありますよね。

家事をしている最中や、上の子が思いっきり家の中で遊んでいる時など、普段は寝る確保ができていても目を離してしまった隙に、 赤ちゃんを踏んづけてしまったりいたずらをしたりしてしまう可能性もあります。

上の子も安心して遊ぶこともでき、赤ちゃんも不慮の事故に巻き込まれないようにするためにも、2人目では特にベビーベッドがあると安心ですよ。

ベビーベッドが必要ない人はどんな人?

ベビーベッドは赤ちゃんの居場所を確保してあげることができる、 そして赤ちゃんを安全な環境に寝かせてあげることができるのでとても便利です。

ですが次のような方はあまり必要ないと思います。

赤ちゃんの居場所が確保できている

我が家は1人目の時はベビーベッドを使用しないとお話ししましたが、一人目を出産した際は寝室が畳になっており、 私たちは畳の上で布団を敷いて寝ていました。

そのため赤ちゃんも、 私たちの布団に並べて赤ちゃんの布団を敷いて寝かせてあげていました。

もしベビーベッドがあった場合、 赤ちゃんが泣いた時などお布団から立ち上がりベビーベッドに近寄らなければいけないという手間もあるため、 ベビーベッドがなくても赤ちゃんの居場所が確保できるのであれば必要性はないでしょう。

ベビーベッドの置き場所に困る

ベビーベッドはなんといっても場所をとってしまうというのがデメリットになります。

そしてベビーベッドを置く場所も気をつけてあげなければなりません。

例えばエアコンの風が直接当たらない場所、直射日光が当たらない場所、風通しの良い場所など部屋の中でも条件も満たした場所におく必要があります。

すると部屋の中でもベビーベッドを置く場所は限られてしまいます。

間取りによってベビーベッドの置き場所に困るという場合は、わざわざ場所をとってしまうベビーベッドを置かなくても大丈夫でしょう。

ベビーベッドの選び方は?

ここまではベビーベッドの必要性について紹介しましたが、ベビーベッドはそれぞれの生活環境によって本当に必要なのかどうか都度変わってきます。

そしてベビーベッドの選び方も、便利に使用するためには重要になってきます。

安全基準を満たしているもの

ベビーベッドもたくさんの種類が販売されており、お手頃価格のものから高価なものまでお値段も様々です。

高価なものだからいいものというわけではなく、安全基準を満たしているものであればお手頃価格でも安心して使用することができます。

ベビーベッドを選ぶ際には、 PSC マークと SG マークが付いているかどうかしっかりと確認しましょう。

日本製品はこのマークがついているかどうかを基準として選ぶことで、安心して安全に使用することができます。

ライフスタイルに合わせてサイズを選ぶ

ベビーベッドは同じ大きさの物だけではなく数種類のサイズが存在します。

スタンダードは一般的なベビーベッドの大きさ、ミニタイプはスタンダードよりも小さいタイプです。

そして最近では2タイプよりもさらにミニタイプの、ハーフタイプというものがあります。

ハーフタイプは一般的なスタンダードタイプの約半分ぐらいの大きさとなっており、スタンダードサイズと比べても部屋においた時には圧迫感が少なくなります。

しかしサイズが小さくなると、ベビーベッドの使用期間も短くなってくるので、短期的に使用するのか長期的に使用したいのかでサイズを選ぶようにしましょう。

床板の調節ができるもの

赤ちゃんが寝ている床板は高さを調整できるものがあります。

高さを調整することができるものは、 オムツ交換をする時などもママの負担を軽減することができます。

また、赤ちゃんが動けるようになってくると、柵を登れるようになってしまうので床板を下げてあげることで登りにくくするなど安全を確保することができます。

添い寝タイプ

ベビーベッドも私たちの布団やベッドなどに横付けして添い寝ができるベビーベッドがあります。

ベビーベッドといえば、私達は布団から起き上がってベビーベッドの場所へ行き赤ちゃんのお世話をするというイメージがありますが、添い寝タイプのものであればわざわざ起き上がって歩いて様子を見に行く必要もなくなります。

またサークル兼用タイプのものも、ベビーベッドとして使用した後はサークルとして使用することができるため、用途が変えられ長期的に使用することも可能になります。

このように色々なベビーベッドが存在するので、その中でライフスタイルに合わせて使いやすいベビーベッドを選ぶようにすると良いでしょう。

我が家ではスタンダードタイプ、床板が調整できるもの、そしてベビーベッドの下に荷物が置けるようになっているものを選びました。

我が家の場合は半年しかベビーベッドを使用していませんが、 我が家はベビーベッドが使えなくなったから使用するのをやめたのではなく、我が子は早くから動けるようになった・ 上の子と一緒に遊んでくれるようになって撤去しました。

ですからそれぞれのライフスタイルによって使用する期間も、 ベビーベッドの選び方も変わってきます。

まとめ

今回はベビーベッドの必要性についてまとめてみましたがいかがでしたか?

ベビーベッドは絶対に必要なものではありませんが、それぞれのライフスタイルによって あって良かったと感じる子育てグッズの一つです。

我が家では一人目は使用していませんが二人目では使用し、それぞれの子育て環境にあわせて取り入れたのでとても助かったものです。

ぜひ参考にして皆さんのご家庭でベビーベッドが本当に必要なのかどうか判断してみてくださいね。

そしてベビーベッドを選ぶ際には、意外と経済的にも負担がかかるものなので、それぞれのライフスタイルに合ったベビーベッドを選んで、より暮らしやすい環境づくりをしてみてください。

ベビーベットって必要?不要?ママ体験談

ベビーベッドは必要?なくても大丈夫?

ベビーベッドって実際に使った方には賛否両論あります。
全然使わなかったと言う方や、めちゃくちゃ便利で使いまくったと言う方がいて私自身も買うか迷ってました。

ですが、実際買って使用するとあると便利です。
ですが、環境にもよるとは思いますが、なくても大丈夫と思いました。

実際に0ヶ月~6ヶ月程までほとんど使用せず荷物置き状態になってました(笑)
置いたらすぐ泣くし、結局一緒の布団で寝てたのでベビーベッド買わなくて良かったかも!と思ってたんですが、ハイハイしだすと家事が進みません。
そうゆう時にベビーベッドがやっと活用出来ました。
サークルでも良かったのですが、サークルだと掃除機が掛けにくいのでベビーベッドの方が私的には良かったです。
ベビーベッドに入っててもらいおもちゃを数個渡すだけで家事がしやすくなり、安全なので便利でした。

又、ペットを飼っている方や2人目、3人目のお子さんがいらっしゃる方などにも便利だと思います。

ベビーベッドは赤ちゃんを我が家に迎え入れるための必須アイテムです

大人は布団を畳に敷いて眠るという家でも、産まれたての赤ちゃんを寝かせる場合、床から数十センチ高い所に寝かせられるベビーベッドが望ましいです。
そのメリットは次の通り。
①床に落ちている塵や埃などを吸いこんで呼吸器に影響を及ぼすのを防ぐ。
②上の子がイタズラするのを防ぐ。
③母親が眠い時間帯(深夜など)母乳を与えている時にうっかり寝落ちして赤ちゃんを下敷きにし、窒息させてしまう事故を防ぐ。
④お世話がラク!授乳の時に抱き上げるのも、おむつ替えの時も、ある程度の高さがある方がやりやすく、腰にかかる負担を軽減出来る。
⑤赤ちゃんをよく観察出来る。…初めの数ヶ月は、毎日何回も全身状態をチェックする必要があり、これもある程度の高さがある方が見逃しがない。もちろんそれ以外にも、例えばかわいい写真を撮るためベストな表情も見逃さずに上手く撮れる。
⑥柵があるので、親がトイレ等どうしても一人で行かなきゃならない時に、一時的にそこに入れておく(言い方は悪いですが)ことが出来る。布団だと、少し動けるようになるとどこに行くかわからなくて心配でトイレにもおちおち行けやしないから。
デメリットについては、過信すると危険!ということでしょうか。お子さんの体格・体力・性格によるところが大きいのですが、つかまり立ちが出来るようになると、ベッドの柵につかまり、ここから出してくれ〜と猛アピールする子や、反対に同じ月齢でもおっとりと入れられるままに過ごしている子もいるので、よく様子を見て、もうベビーベッドでは手狭かな…と感じたら子供用布団に移る時期でしょう。
なお、低い月齢の時も、赤ちゃんが寝る時にはベッド内にはぬいぐるみやおもちゃなどは置かずに、枕もフェイスタオルを4つ折りにしたものを使用しましょう。窒息防止のため。同じ理由で布団の大きさもベッドの大きさにそろえ、眠っている間、定期的に顔が出ているか(鼻に手をかざして息をしているか)確認することが大事です。

私にとっては、無用の長物(~_~;)

私は何でも形から入るのが好きな傾向を持っている。習い事を始めるなら、必要そうな物を色々揃えてから、「さあ!始めるぞ」と開始するタイプである。
なので、初めて妊娠したときもやっぱり、あれも要るこれも要る、こっちの方がいいかな?と考えて色々揃えたが、その中のひとつにベビーベッドも入っている。
揃えるときは親からあった方が便利だと。下の棚にオムツやお尻ふき等の必要な物を置けるし、ベッドなら赤ちゃんは安全だと。ウンウン、そうだろうなぁと思っていた。
出産し自宅に帰り、いざ一人で子育てをすることになったとき、私の性格が仇となってしまった(>_<)
私はとっても面倒くさがり。何事も出来るだけ手間をかけたくない。
ベビーベッドを使ってみると、確かに下の棚に色々置けて便利だし、部屋のなかもきれいに片付き、その点はすごく良かった。
ただ、夜中に何度も起きておっぱいを上げる度に、寝ぼけながらベッドから赤ちゃんを降ろすため立ち上ったり、オムツをとるためベッドの柵を開けたりする手間が、何度も繰り返しているうちに面倒くさくなってしまった。
赤ちゃんを布団で寝かせたら、この手間は必要ないのでは?とおもいだし、私はそうそうに赤ちゃんを布団に寝かせて一緒に寝ることに切り替え、ベビーベッドは無用となり、揃えなければ良かったと後悔した。

ベビーベッドはただ場所を取る存在!?以外な時期に使い道が…!!

赤ちゃんが生まれたら必ず必要なんだ!と思っていたひとつがベビーベッド。
組み立てて、かわいいメリーを買って取り付けて…赤ちゃんお出迎えの準備はもうバッチリ!お部屋はすっかり子育ての空間となりました。
いざ赤ちゃんが生まれて、退院し家に帰って早速ベビーベッドに寝かせてみたけど…
まず、キッチンで作業していたりしたら、近くにベビーベッドを置かないと様子が全然わからない…。
キッチンとリビングが繋がっていればよかったんですが、キッチンが独立していたので、いちいち気になってしまい。
そして一番の問題は夜。赤ちゃんもベビーベッドですやすや寝てるし、よし、自分も寝よう!と布団に入ると、すぐに、「ふぎゃあ~!!」と泣き声が…。
ああ…と起き上がって赤ちゃんを抱っこし、あやしているけど、中々眠ってくれない!
私は最初は母乳でしたので、結局布団に連れていって、母乳をあげていると、いつの間にやらスヤスヤ眠る赤ちゃん。
よし、寝たな…とベビーベッドに赤ちゃんを運ぶとまた「ふぎゃあ~!!!」。背中にセンサーでもついてるの!?って、あるあるですよね。
赤ちゃんは思ったよりも敏感で、そして私の睡眠時間はどんどん削られていきます…。
それからは、泣いたらベビーベッドから抱き上げて、眠ったら戻して、そしたらまたすぐ泣いて、結局同じ布団で一緒に眠る日々が続きました。
あるとき生後3か月すぎたころ、昼間に、キッチンで作業していると、妙に静かな赤ちゃん。そのときは母親のカンみたいなものが働いて様子を見に行くと、
なんと赤ちゃんがうつ伏せに!!まだ寝返りもできなかったのに…!!なんで!?
慌てて赤ちゃんを起こすと、にっこり笑顔。思わず涙が出てしまいました。赤ちゃんごめんね。
寝返り防止などを事前に購入していればよかったのですが、まさかこんなに寝返りが早いとは思っていなくて、完全なる私のミスです。
それを機にパウンサーを購入。ベビーベッドとはいったいなんだったのか…。ただただ場所を取る存在と化してしまいました…。

そんなベビーベッドでしたが、私には生後5か月を過ぎたころから役に立ちました。
その頃なんと丁度、腰痛になってしまったんです。床に布団を敷いて寝ているところからの抱っこ。オムツ替えはパウンサーの中だと窮屈だから床にマットを敷いて交換。
そんな繰り返しで痛めてしまい、とても床から赤ちゃんを持ち上げたりするなんて無理!!
それからはベビーベッドが大活躍!
丁度ミルクも飲むようになっていたので、夜よっぽどじゃないときはミルクを飲んだあと、スヤスヤとそのまま眠ってしまうこともありました。
もう使うことがないと思っていたベビーベッドでしたが、腰痛の私には高さがあるベビーベッドがとても役に立ちました。
これがなかったらと思うと…この辛い腰痛は多分乗り越えられなかったと思います。

ベビーベッドにはもしかしたら向き不向きがあるかもしれません。その赤ちゃんの性格や、環境、様々な要因によっては、必要なかったと思うかもしれません。
ですから、本当に必要かどうかは、よく見極める必要がありそうです。
私の場合は最終的には役に立ち、有難いことに今二人目を妊娠中で、主人、わたし、上の子3人で寝るのがやっとなベッドの横にベビーベッドが置けるので、結果として長く使える存在となっています。
もし兄弟や親せきが必要になったときにも、相手さえよければ、譲れたらいいかなと思っています。
私の失敗は、絶対に必要なものだと思ってベビーベッドを早くに買ってしまったこと。組み立ての作業もあるので、出産前に買ってしまおうと考えている人はきっとたくさんいるかと思います。でも逆にお腹が大きいときや、負担のかかる時期に購入するのではなく、生まれて必要になってから購入しても、そのときはお腹もすっきりしていてかえって身軽かもしれません。産後の回復には個人差があるので、頼れるだれかがいれば、もちろん頼ることが一番なんですが。
今思えば焦って買う必要はなかったかな?と思います。腰痛があったり、二人目のことがなければ、危うく無駄な買い物になってしまうところでした。

ベビーベッドはレンタルもできるので、イメージするのも大切だけど、色々と調べたうえで、必要なことに大切なお金を使うのがベスト!と思いました。

ベビーベットを使わないと大変なことになってました。

ベビーベット使用したきっかけは子供の寝相が悪かったことがきっかけでした。
普段布団を3枚並べて子供を真ん中にして寝ていたのですが、起きると子供は真ん中におらず布団からはみ出て床で寝ていたり、私の足元や枕元まえ転がっていたりしたんがきっかけでした。
ベビーベットだといくら寝相が悪くても柵があるので布団からはみ出す心配もなく、子供がそこから居なくなっているということがないので安心して寝ることが出来るのがメリットだと思います。
特に始めての子供の時は子供が風邪を引いてしまわないか、大人の手や足が当たってしまわないかなど気にする点があるのでそれを解消してくれるのがメリットです。
デメリットは少々場所を取ってしまうことです。
ベビーベットといえどある程度の大きさがあるので、部屋の一角に置くのが大変だったりするのがデメリットです。

折りたたみ式ベビーベッドを購入。あってよかった!

出産前、ベビーベッドを購入するか、購入するならどのタイプのベビーベッドにするかをとても悩みました。家のベッドを置くスペースもそんなに広くなく、産後1ヶ月は実家に帰省することもあり悩んだ結果、畳んでコンパクトにできるタイプのベビーベッドを購入しました。

コンパクトに畳むことができるタイプの為、実家に帰省する際にも軽自動車に乗せて運ぶことができ、実家の部屋でもすぐに出して使用することができました。また、ベッドの再度の部分がメッシュ生地になっていることで赤ちゃんの様子もすぐに確認できました。また、実家では猫を飼っていた為、床に寝かすのには凄さ抵抗があったのですが、こちらに寝かせていれば床を通る猫との接触や、毛、誇りからも赤ちゃんを守ることができたのではないかなと思います。

デメリットは保管に困ることです。つかまり立ちをし始めると危険なのでベビーベッドは使用しなくなるので片付ける場所に困りました。

しかし結果的にはベビーベッドを購入してよかったと思っています。

2人目以降やペットがいるなら必須かも

1人目に購入しましたが、頻回母乳ということもあり結局同じ布団で寝ることになりました。完全に物置き化。昼間も床で寝せてても踏む人はいないし特に必要ありませんでした。2人目の時はあって良かったなと。上の子が走り回るから床になんて寝せていられないですし、ちょっかいをかけられることを避けられるので良かったですね。
目を離す時にはサークルがわりになりますので、泣いててもそこにいてくれるのはありがたかったです。1人目は動くようになると這ってキッチンとかまで来て危険でしたから。ベッド購入は間取りに合わせたり、多目的(サークルにできる)など後々の事も考えて購入するのかオススメです。使える時期は短いのでなるべく長く使えるような多機能型がいいですよ。

ベビーベットのメリットとデメリット

妊娠して間もなく、赤ちゃんを迎える準備をしますよね。ベビー服や哺乳瓶など細かいものもあれば、大きなベビーベットまで準備します。
うちでも知り合いから譲り受けたベビーベットを組み立てて、2LDKのアパートだったので、リビングにベビーベットを置くと部屋が狭く感じました。出産後は赤ちゃんが常に視界に入り見守りながら台所で料理が作れたのは助かりました。また、布団で大人や兄弟と一緒に寝る時に赤ちゃんを潰してしまう心配もなく安心して休めました。赤ちゃん寝返りをしだすまでは、ホコリも気にせず安心していましたが、つかまり立ちをする頃には、ベットから落ちそうになってきたので9か月ほどでベビーベットを解体しました。

ベビーベッド、あった方がいい?いらない?

赤ちゃんが産まれ、いざ子育てが始まると思ったとおりにならない事が沢山あるのではないでしょうか?

一生懸命出産準備をしてきたのに、あれ!?これは全く使わないし、むしろ邪魔なのでは…と思ったのはベビーベッドでした。

赤ちゃんが日中ベッドに居る時間が少なかったからです。授乳して、ゲップさせて、おむつ替えをした後は、ずっと抱っこしていたり、自分と添い寝したりしていました。赤ちゃんをベビーベッドに寝かせるのは、トイレに行く時や食事中位でした。

夜間の就寝時はベビーベッドの方が安全とは思いますが、夜中に泣いて起きた際に別々に寝ていると自分が起き上がり、赤ちゃんをベビーベッドに迎えに行かないといけないのが苦になってしまいました。
結局、自分の近くで添い寝をしてベビーベッドは使いませんでした。

しかし、上にきょうだいがいる場合は日中は避難場所としてベビーベッドに寝かせておくほうが良いと思います。下の子が産まれた際は必要でした。

あまり使わなかったベビーベッド!

長女の時に犬がいるからということでベビーベッドを人から譲り受けました。知り合いにはあまりベビーベッドは使わないから購入勿体無いよと言われていたのでお下がりで丁度いいやという感じでした。
メリットとしては高さがあるのでオムツ交換をするのに楽だったり寝た後に策をしめておけば犬が悪戯をすることはなかったのでその点は良かったです。また、下が収納スペースになっていたのでオムツやおしりふき、塗り薬などをしまっていました。
デメリットとしては新生児期はまだ寝るだけサイクルだったし、されるがままだったので使えたんですが生後1カ月過ぎたあたりから添い寝じゃないと寝なかったり抱っこしてないと泣いたりしていたのでベビーベッドは幅を取るので邪魔になりました。

-個人的な話
-, ,

Copyright© キシネットのポジティブログ , 2019 All Rights Reserved.